スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいせつでたいせつで(188・完結)

 硬い音が弾けた。
 「あっ…」
 受けるだろう衝撃に備えて歯を食い縛っていたクオンは、小さな声を聞いて呼吸を呑んだ。まさかキョーコに銃弾が当たったのでは…
 しかし、続いて聞こえたのはもっと低い苦鳴だった。
 床付近で上がったそれは、明らかにラウズのものだった。そしてそれに、バタバタと近付いて来る数人の足音被さる。
 キョーコを抱え込んだまま、彼は勢いよく振り返った。
 まず、踏みつけられ確保される銀色の拳銃が目に入った。そこからスライドする視界に、撃たれたのだろう、血を噴く右手を抱えて呻く男を、それに素早く駆け寄って手錠をかける警官を見る。ガチャリという重い音を聞いて、クオンは漸く緊張を解き腕の力を緩めた。
 「怪我はない?キョーコちゃん…」
 息を吐きながら覗き込むと、少女は混乱の眼差しを押し伏せられた元義父の姿に向けている。
 「おとう、さん?」
 ふよふよと小さな呟きが漂うのを聞き、クオンはこっそり奥歯を噛んだ。あんな男を、まだ父と呼ぶとは…怒りに似た強い感情を覚えるが、まさかそれをキョーコにぶつけるわけにも行かない。
 やむなく黙り込み、彼は細い声を聞く。
 「て…じょう…」
 のろのろと呟かれた言葉に、そう言えばと思い出す。ラウズが実際に逮捕される場面をキョーコが見るのは初めてのはずだ。
 両脇の警官に引き立てられて行く男の姿を見送り、もしかしたらこれはいい機会なのではないかと思う。彼女が事実に向き合い、元義父の行為こそが悪であるのだと知るための。
 喪われたものは回復しない。キョーコには忘れるよりも、乗り越えることが必要なはずだ。
 当然、幼い、優しい少女にとってはそれもまた辛い作業ではあるだろう。それでも、彼女は一人ぼっちだった嘗てとは違い、今は彼女を愛し支える人間がたくさん傍にいる。それらの人々は、彼女の立ち上がる力をどこまでも信じ見守り導くだろう。
 そうして…
 その筆頭でありたいと望むクオンにとっても、この事態は重要な問いかけを孕んでいる。
 問うよりも聞くことをこそ要求されるいま、と今後を、彼には耐え得る強さがあるのか。つまり、終わったのではなく始まったことを認める勇気があるのか。
 クオンは強く目を瞑る。
 胸に描く答えは、是であり否でもあった。
 きっと、自分のためならば耐えられない。キョーコのためだけでも、難しいかもしれない。
 けれど、二人のためなら?共に見る光を、描く未来を、支える希望を夢見るためならば。
 クオンはうすい肩をそっと揺すろうとした。それよりも先に、二人の上にふと影が差す。
 「大丈夫かい?」
 中年の警官に覗き込まれた。
 「あ…はい…」
 「君もずいぶん無茶をしたようだね。大まかな話はお父さんからも聞いてるけど、少し落ち着いたら君たちの話も聞かせてくれるかな」
 「はあ」
 気付けば、閉じられた鉄扉の向こうからちゃかちゃかと斬り結ぶやりとりが聞こえる。
 『ちょっ、困ります!一般の方は立ち入り禁止です!!』
 『しかし…!私の息子と娘がいるんだ、傍に行ってやりたい!!』
 『お気持ちはわかりますが!』
 「父さん…」
 「父親としてのクー・ヒズリ氏なんてのも、滅多に見られないだろうね」
 苦笑しつつ毛布を差し出され、受け取ってキョーコに巻き付ける。自分の分は断った。
 もこもこになった少女の背をぽんぽんと叩くと、小さな顔が弾かれたように上がる。
 「ク、オン」
 夢から覚めたように大きな目を瞬き、キョーコは彼を視界に捉える。そこに浮かんだ安堵の色に励まされて、クオンはまるい頬を撫でた。
 「怖かったね」
 「…っ」
 ばろりと大粒の涙がこぼれた。秋風に冷える滴はまだ血の気の戻りきらない頬を伝い、クオンの手を濡らす。それに気付いたキョーコが慌てて自分で拭おうと小さな手を上げた。その手が何も握っていない。つい視線で周囲を浚えると、足元少し先に小さな破片がいくつも月光に濡れている。
 先ほどの銃撃の時か、と思い当たった。手からコーンの石が飛んでキョーコが声を上げたのだろう。そして、不運にも流れ弾に当たって石は砕けた。
 けれど、それでいいとクオンは首を振った。
 涙を吸い取る石は、もう要らない。彼女には泣く場所があり、自分のために泣くことを覚えるべきだと今は思う。
 「ここは寒いから、署に移動しようか。許可を取って来る」
 物腰のやわらかい警官が、動作で待てと告げて背を向ける。
 「クオン…」
 くしゃくしゃとしゃくり上げるキョーコが彼の名を呼んだ。
 「うん?」
 クオンは身を屈め、伸ばされる両手の間に首を垂れた。
 本当は、もう大丈夫だと、怖いことなど何もないのだと言ってやりたかった。少し前なら迷わずそうしていただろう。けれど今は知っている。
 彼女は自分で真実を掴み取らねばならない。彼にできるのはその手助けと、あらわれた真実を共に負う覚悟…いいやむしろ、共に負うことをキョーコに赦してもらうための努力だろうか。
 そんなことを、多分に自分のために考えていた彼の耳元に、彼女は。
 「ありがとう…」
 謝るのでなく、恐れるのでなく、感謝の言葉をささやいた。
 小さく、震える声に、胸を針でつつかれる心地がする。細い体を強く抱きしめ、クオンはきゅっと息を詰めた。そうしなければ、溢れてしまう。
 ほんとうに君がたいせつで、たいせつで。
 だからこそ請う…
 君に願う。


 幸せになる、勇気を。




                     -完-
 
 


 
 ちゅーわけで完結です!途中、更新の間が(ハンパなく)空いたせいで投げ出す気なんじゃなかろうかとご心配をおかけしたりもしたようですが、とにかく完結できましたっ。
 あとは同人誌版でがすがす書き足して、もっと納得の行く作品に仕上げて行きたいですね!がんばる。

 長くおつきあいありがとうございました!!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleブロマガsidetitle

月刊ブロマガ価格:¥ 300

紹介文:AKADEMIA発行の同人誌を月ごとの記事に分けて収載しておりますので、ご希望の月(=タイトル)を選んでご購入下さい。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle

[特定商取引に関する法律に基づく表示]
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。